本文へスキップ

顔 シミ

顔・身体のシミが消えた!

顔・身体のシミの原因と改善方法

  • 顔や身体にできるシミができる原因とは

    多くの女性は、いつまでも透明感があり、滑らかな白い肌でありたいと願うものですが、年を重ねるごとに肌の様子は少しずつ変化し、加齢によるしわやたるみ、そばかすなどたくさんの肌トラブルに悩む人が増えてきます。

    中でも特にシミのある肌は、肌全体が暗く見えてしまうため、疲れているような印象を与えてしまうため気になっている人が多いようです。

    しっかりと日焼け止めを塗ったり、美白ケアを行ったりして気を付けていてもこれはできてしまうものですが、その根本的な原因となっているのは紫外線以外にもさまざまなものがあるのです。

    睡眠不足やストレス、慢性的な疲労によって皮膚細胞が酸化してしまうことや、加齢によりホルモンが減少し、肌の新陳代謝が悪くなってしまうこと、また他にも喫煙などによるビタミンCの破壊や有害物質の影響、冷えなどによる血行不良など、一言にシミと言ってもさまざまな原因が考えられます。

    つまり、一つのこと(紫外線対策のみなど)に気を付けていても他の要因によってシミができてしまう可能性はあるため、事前にこれを防ぐのは難しいとされています。

    さらに、10代や20代の頃に受けた紫外線が原因となって、将来肌トラブルが起きてしまうということもあります。

    若い頃は紫外線によるダメージを受けても肌の再生能力が高いため、すぐに自然と修復され気にならないのですが、40代50代になってからその影響が出てきてしまうということです。
  • シミができる外的要因

    晴れた日の青い空と青い海

    シミができる外的要因というのは、いろいろあります。

    その前にそのできる直接的な原因について、お話させていただくと、その直接的原因というのは、メラニン色素と紫外線なのです。

    紫外線があたるとメラニン色素というのが反応して黒く変色をして、肌層を保護しようとすることで起きることが原因なのです。

    今までお話した内容というのは直接的原因と言われるものなのですが、本来はそんな状態であったら、みんなシミになってしまうのです。

    でも、子供はそれらになっていないということで、ここに何らかの外的要因があることがわかります。

    まず考えれるのが、加齢による肌質の衰えが考えられます。これは加齢によった肌層が弱くなり、表面を保護する肌層のターンオーバーが以前に比べて劣りだしてきていることで、できたものに対して肌を新しくすることが鈍くなってくることで部分的にたまってくるためなのです。

    次に言えることは、化粧品などの原料やその手入れの仕方が原因になっていることが考えられます。これは、間違った化粧品の使い方をしたために、肌表面を傷つけてしまいメラニン色素を濃くしたり、紫外線の影響を受けやすくしてしまったりしたために起こることです。

    また、手入れはそれでいいのですが、使用している化粧品の原料によって肌にダメージを与えてしまうこともあるのです。

    最期には、ストレスや本来持っているお肌の肌質の問題が考えられるのです。ストレスというのは、自分の生活している環境で左右されるところもあり。たまりやすいところでは、それが原因で肌荒れになったりして紫外線の侵入を簡単にゆるしてしまうことになるのです。

    また、もともと持っている乾燥肌体質で肌が荒れになりやすいことで、紫外線の影響をうけやすくなることなのです。以上これが、シミができる外的要因ということになるのです。
  • 日本人はシミができやすいのか?

    日本人の男女

    統計学的に行くと日本人を含む黄色人種というのはできやすい肌質のようです。

    シミというのは、女性にとってできたら大変厄介なものであることは、間違いないものであります。それもそのはずで、できてしまうとなかなか消せない代物だからなのです。

    ですから世の中の女性というのは自分の美しさを保つため、基本的にそれやそばかすについては、目の敵のようになって予防をしているわけなのです。

    今回ここでは、その原因についてお話させていただきます。

    先ほども説明しましたが、日本人はシミができやすい肌質。

    そんなできやすい原因の根本にあるのが、メラニン色素ということになるのです。

    そのメラニン色素というのは、生活環境に左右されるストレスや間違った肌ケアのために肌表面が荒れたりし、そしてもともとが乾燥肌である人などで、メラニンの色素の濃さというのが変化したりするのです。

    そこに紫外線という引き金を引かれることで、その肌層を守るためにメラニンが黒く変色をしてガードをするのです。

    いうなれば、メラニン色素というのが銃弾みたいな役目ということになるのです。極論を言ってしまえば、メラニン色素が濃くならないようにするとができる、となりにくいということになります。ですが、現在の医療関係の技術では、そんなコントロールをすることは不可能なとこであるので、紫外線を防いだりストレスを解消したり肌荒れを防いだりということをしているのです。

    まとめてみると、紫外線でメラニン色素が反応してシミになるということになり、間接要因としてストレスとか肌荒れ・乾燥肌などが関係しているということになります。以上、これが、シミの原因についてのお話ということになります。
  • 予防とケアでシミを改善する方法予防とケアでシミを改善する方法

    夏がすぎるといつの間にかシミができていた、という女性がいます。シミは女性だけではなく、男性にも現れるもの。男女ともにできてほしくないものがシミです。

    ですが、できてしまったものにはどのようにすればいいのでしょうか。

    それは・・・

    専用の化粧品を利用する、
    医師に相談する、

    そしてこれからでてくるであろう他のシミを予防することが大切なのです。

    もともと原因は日焼けなどの肌を痛めたものだということですが、子供のころからそこまで日焼けを気にしていなかった、日焼け止めをぬっていても焼けてしまった、というときもあるものです。

    今できているものには薬や化粧品、どうしても気になるものの場合にはレーザーなどで消す方法もあります。

    ですが、できれば化粧品などで少しずつでも肌の内側と外側からも改善していくことがいいのではないでしょうか。予防するときには、美白などの効果があるスキンケアの化粧品などを利用するのがいいのですが、できれば洗顔するときから効果のあるものを使いたいものです。

    肌を内側から整える、外側からフォローする、これが大切なのです。できてしまったものは、きちんとした生活と洗顔などでターンオーバーを促して少しずつなくしていくようにして、そしてこれからできないようにするしかありません。

    日焼けは適度にしたほうがいいものです。ですが、あまりひどい状態になると原因になってしまうので、やはり日焼け止めはぬっておいたほうがいいでしょう。
  • クリニックでのシミ治療

    バストアップで有名な池田ゆう子クリニックですが、シミを消すためのレーザー治療も行っています。レーザーの良いところは、メスを使わないこと。メスを使うとお肌に傷が残ってしまう可能性がありますが、その点レーザーの方が安心です。


顔・身体のシミが消えた!顔・身体のシミが消えた!